読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

泣いて笑ってドタバタ介護奮闘記!

介護職員石ころのシッポが職場の利用者様とのほのぼのエピソードや振り回されっぷりをお話しています。また介護で役立つ情報や健康、美容情報などもご紹介していきたいと思います。ゆっくり、まったり更新していきますのでよろしくお願いいたします。

どうしても上手く介助をしてあげたい!!

こんにちは。しばらくご無沙汰しておりました。

実は少々考え事をしておりました。私の職場の利用者様のことです。

その利用者様は昔大工の棟梁でした。バリバリの昔堅気の方でとても笑顔が素敵な利用者様です。その素敵な笑顔から「太陽さん」と他の利用者様から呼ばれる程とびっきりの笑顔を振りまいてくださいます。

その太陽さん、病気の影響でアッというまにレベルが落ちてしまいました。

私と出会ったときは一人で歩いてブラックコーヒーを飲みにデイルームまで来り、お風呂もお湯さえとってあげれば一人で入っていました。トイレだってオムツを使わずにいたのです。それが2年前の状態。

太陽さんはまず足が弱くなりました。転倒が続き次の一歩がなかなか出なくなりトイレに間に合わなくなってしまいました。手すりを使ったり歩行器を使ったりしていましたがとうとう車いすになってしまいました。次に手に力が入らなくなっていきました。すると食事のおはし、スプーンが持てなくなります。お食事のお手伝いを私たちがするようになりました。リハビリに励んではいるのですが思うように結果が出ないため本人もやる気がなくなり今では立位もとれず全介助になってしまったのです。

太陽さんはその急激な自分の体の変化を受け入れることができません。車いすへの移乗、トイレ介助、入浴介助の時は特に大変になります。

昔気質の太陽さんは「女の人の力は借りたくない!」という考えをお持ちです。

太陽さんは骨太で体格もしっかりとしており体重も重い。きちんとした姿勢や重心の移動をしないととても危ない状態になります。自分が壊れることもあります。現に数人のスタッフが太陽さんの介助の時に腰を痛めています。

でも太陽さん。どうしても女性の介護士に体重を預けることができません。

介護をされている方ならおわかりかと思いますが、利用者様が介護士に体重を預けることにより重心が一つとなり移動、移乗しやすくなります。

でも太陽さん、手に力が入り身体をそらしてしまいます。特に女性職員には「照れ」もあるのでしょう。身体に力が入りこわばってしまいます。

そのためトイレ介助、入浴介助では時間もかかりとても大変な時間になってしまいます。これは私たち介護士より太陽さん本人がとても大変な時間になってしまっていました。

そんなあるときコールがなり私が対応しました。

「太陽さん失礼します。どうされました?」

「トイレに行きたいんだけど…。」

「わかりましたよ。今用意するから少しお待ちいただけますか?」

「えっ??行っていいのかい?」

「えっ??トイレ出るんですよね。それならトイレ行った方がいいですよね?」

私は意味がわからずこう返答してしまいました。

「トイレ行くっていうと嫌な顔されるんだ…。」

悲しかったです。そういう対応をされていたのかと思うと胸が痛みました。

確かに太陽さんの介助は大変なのですが、私にはとても学びの多いことでした。

無意識のことでもそんな表情を浮かべていたのだろうか…。申し訳なかったです。

「こないだもお風呂をシャワーにするって言われたんだ。」

「えっ?太陽さんお風呂大好きじゃないですか!!」

「うん。大好きだからシャワーじゃ入らない。って言ったんだ。そしたら嫌な顔されたんだ。アンタくらいだったんだよ。お風呂いれてくれていたの。」

知らなかった…。私は夜勤が多いため、太陽さんの入浴介助にあたるのは月に1回ほど。私は太陽さんがお風呂の中で「あ~。」と満面の笑みを浮かべながら気持ちよさそうにするのを見るのが好きで道具を駆使してできる限り入浴をしていたのです。

「ごめんなさい。そうだったんですね。気が付かなくて本当に申し訳ございません。」

謝るしかなかったです。

トイレ介助をしてお部屋に戻ったとき太陽さんはいいました。

「こんな体になって…。早く死にたい。何もできない。」

私は介護士としては失格なのかもしれません。その言葉を聞いたとき無性に腹がたちました。

「ちょっとまって。何もできない?違うでしょ?トイレで用を足してるでしょ。ご飯だって普通のご飯を食べれてるでしょ。お風呂にだって入っている。何もできないとあきらめたら本当に何もできなくなりますよ。確かに太陽さんの介助は大変かもしれない。でもね。それは太陽さんの協力がなければできないんですよ。私はいつまでも太陽さんにお風呂に入って「あ~」って言ってもらいたい。だからどうやったら太陽さんが一番楽でおまけに私たちも楽になれるかを考えているんですよ。お互いが何も見つけてもいないのに諦めるのは早くありませんか?やれるだけのことをやりましょうよ。諦めるのはそれからでも遅くないじゃないですか。

太陽さん、私は経験もあまりなくてうまく介助できていないと思います。私も勉強しながらだけれども絶対太陽さんを上手に介助できるようになりたいんです。一緒にがんばりませんか?」

介護士としては利用者様に介護が大変なんていうのはありえないことです。禁句ですよね。でも人として心からぶつかってみたかった。

「できるかな?」

「まずはやるだけやってみましょうよ。なるようになるさ!」

太陽さんはとびっきりの笑顔をみせてくれました。久しぶりのこの笑顔。見れて本当によかったです。私たちの試行錯誤は現在進行形です。

介護をされているみなさん。どうか私に知恵をわけてください。

私は太陽さんをどうしても楽に介助をしてあげたい。楽というのはお互いに楽じゃないと意味がないのです。

沢山の動画を見ました。家で家族を相手に練習もしてみました。道具も使いました。

でもいまいちしっくりとくるものがないのです。どうか良い方法があれば教えて頂ければ嬉しいです。

 

 

 お読み頂き有難うございました。

これからもゆっくり、まったりではありますが頑張っていきたいと思います。
どうぞご協力よろしくお願いいたします。
下⇓のボタンをポコッとと押していただけるとテンションあがります。
元気の源になりますのでどうかご協力お願いいたします。
 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村

全般ランキング介護職員ランキング

高齢者介護ランキング

 

 

素敵な仲間にありがとう!

 こんにちは。本日も遊びに来ていただき有難うございます。
 
昨日私の職場で飲み会が行われました。
とても寒く雪が混じる中、行われた飲み会。仲間の一人がもうすぐ出産のため産休に入るとのことでしばらくの間お別れと、催されたものです。
 
普段からとても仲が良いこのメンバー。皆が皆、タイプが全く違い、年齢もバラバラ。
不思議なくらいウマがあう。
仕事に行かないとみんなと会えなくなり寂しいとラインで連絡とりあうほど。
そんなメンバーの飲み会です。
話もお酒もすすみます。
そんな中、幹事さんの計らいでサプライズです。
妊婦のメンバーが突然呼ばれ色紙とプレートのプレゼントです。
「ありがとう!!」満面の笑みで喜びます。
年齢が一番下で愛嬌があり、少々天然のこのメンバーは職場のアイドル的な存在です。
皆で「元気のいい赤ちゃんを産んでね。」と激励していると突然幹事さんより私の名前が呼ばれます。
「ん??」
振り向くと私にまでサプライズ。
「何で?」
つい最近私が介護資格を取得したため、それをお祝いしてくれたのです。

f:id:ishikoronosippo1029:20170325144642j:plain

こんな素敵なプレートを作ってくれました。

この後美味しく頂きましたよ。ご馳走様でした。

そして…。

f:id:ishikoronosippo1029:20170325144705j:plain

 お店からも色紙を頂きました。有難かったですね。
どうやら幹事さん。集合時間より30分近くも早くきてサプライズをしかけていたようです。
本当に感謝感謝です。
いい仲間に恵まれて幸せです。
そのうち子育てがみんな落ち着いたら温泉旅行にでも行きましょう!
また飲み会もやってみんなでストレス発散しようね!
そして元気な赤ちゃんを産んで戻ってくる日を楽しみにしてるからね。
 
 お読み頂き有難うございました。
これからもゆっくり、まったりではありますが頑張っていきたいと思います。
 
 
貴方にピッタリのブログを探してみませんか?
下記サイトに素敵なブログが沢山あります。
ちょっとお時間がある時にどうぞお立ち寄りください。
専門的なものからホッコリするものまで、きっと貴方にピッタリのブログが見つかるはずです。詳しくは⇓まで。
 

にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村

人気ブログランキング

 

 

 

 

イイね!シェアよろしくお願いいたします。

 

ねぇ。チューしようよ。

こんにちは。本日もお立ち寄り有難うございます。

本日は私の施設にいるかわいいおばあちゃん。クレさんのお話です。

とても茶目っ気たっぷりのかわいいおばあちゃんです。

認知症を患っており時折不穏になってしまいますがとても優しい方です。

クレさんの毎日はホームシックで涙したり、施設のみんなとお茶をしたりゆっくり静かに流れていきます。

 

そんなクレさんにはお気に入りの介護士がいます。男性の若いお兄さん。

物腰柔らかな気の利く介護士です。

「ねえねえ、隣に座りなさいよ。」

「ちょっと、ちょっとこっちに来なさいよ。」

お兄さん介護士を見つけると相手をしてほしくて声をかけます。

 

ある日私とクレさんがテレビを一緒に見ていました。そこにお兄さん介護士が仕事をしながら前を通りすぎました。

するとクレさん。

「ちょっとあんた。あの人を呼んでちょうだい。」

「クレさん。何か用事ありますか?今彼はサービス中なので私が聞きますよ。」

「お仕事中なのね。」

「そうなんです。ごめんなさいね。」

「そしたらあんた。こういって伝えて頂戴。私が泣いているから傍に来てって。」

「あら、クレさん。泣いていないじゃないですか。私嘘ついてお兄さんを呼ぶことできませんよ。」

「わかったわ。ちょっと待ってて。今泣くから。」

「?」

クレさん。目にすごく力入れて一生懸命ナミダを流そうとしています。

「クレさん、そこまでしなくても…。」

「大丈夫よ、もう少しでナミダ出ると思うから。」

結局涙は出ずに呼ぶことはありませんでしたが仕事を終えたお兄さんがテーブルをはさんで向かいに座ってくれました。

「〇✖△□」

クレさんがお兄さんに何かを話したのですが声が小さくて聞き取れません。お兄さんは「何?」と身を乗り出しました。するとクレさん。

「チューしようよ。」

お兄さん崩れ落ちました。私は隣で大爆笑。

「クレさん。こんなみんないっぱいいるところでチューなんかしちゃったら僕仕事辞めなくちゃならなくなるじゃないですか!」

「あらそうなの?それもいいんじゃない?」

「仕事なくなったら僕生活できなくなりますよ!」

「そしたら私と一緒にここに住みましょ。」

「クレさん、僕結婚しているんですよ!僕の奥さんどうするんですか!」

「簡単よ。別れればいいじゃない。私と結婚しましょ。」

またもや崩れ落ちるお兄さん。そして私は隣で大爆笑。

「僕、奥さんに別れましょう、なんて言えないですよ。」

「ジタバタしないで覚悟決めて私と結婚しなさい!!」

とクレさんの一括!ごめんなさい。私お腹かかえて笑ってしまいました。

「ねえ。クレさん。そんな困らせるようなこと言っちゃだめですよ。お兄さんだって家族いるんですよ。クレさんにも大切な家族いるでしょう。もしクレさんとお兄さん結婚したらクレさんの息子さんのほうがお兄さんより年が上になってとっても複雑になってしまいますよ。」

「あら。そうなの。残念ね。」

クレさんようやく引き下がってくれました。クレさん意外と積極的なタイプでした。

いつもゆっくりと時間をすごしているクレさんの思わぬ一面と乙女心とを感じられる出来事でした。

ちなみに介護士のお兄さんはめちゃめちゃ焦りまくっていましたよ。

なんかホッコリとした気持ちになりました。

 

 

 

お読み頂き有難うございました。
これからもゆっくり、まったりではありますが頑張っていきたいと思います。
どうぞご協力よろしくお願いいたします。
下⇓のボタンをポコッとと押していただけるとテンションあがります。
元気の源になりますのでどうかご協力お願いいたします。
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村

全般ランキング介護職員ランキング

高齢者介護ランキング

 

もっと理解してもらいたいですね。

こんにちは。本日も遊びに来ていただき有難うございます。

本日のお話は、昨日出かけたときのお話です。

昨日私は最後の介護の学校へ修了書をもらいに出かけました。

いつも乗る地下鉄での出来事です。

私の乗る車両に盲導犬を連れたおじいちゃんが乗り込んできました。

世の中捨てたものじゃありません。そのおじいちゃんを見るなり車両に乗り合わせた人たちが一斉に動き始めました。

「ここに座りなさい。」「こちらも空いていますよ。」

皆さんが席を譲りました。

そこまではすごくよかったのですが皆さんが別の席に一斉に譲り、手を引っ張り肩を押し…。おじいちゃんはどこにも捕まることができず、どこにも席に座れず、ワンちゃんも皆がおじいちゃんをあっちこっちに引っ張ってしまうのでどうすることもできない。

そのうち地下鉄が発車してしまい、おじいちゃんは転倒しそうに…。

ダメだ。危ない!

私思わず人をかきわけておじいちゃんの所にいってしまいました。

「みなさん。すいません。危ないので一度手を放してください。おじいちゃん私の声きこえますか?」

「聞こえるよ。すまんね。」

「誘導しますよ。2歩左です。もう1歩左です。そのまま2歩下がります。ふくらはぎ椅子にあたりますか?そのまま腰を下ろせば座れます。ゆっくりどうぞ。」

おじいちゃんの手をとり無事に座ることができました。ワンちゃんもおじいちゃんの足元にふせておとなしく座っています。

「わかりやすく教えてくれてありがとう。またみなさんも席を譲っていただき、有難うございました。」

そのおじいちゃんの言葉に車内で席を譲ろうとした人たちもホッとし、その興味がワンちゃんにむきます。

盲導犬がお仕事をしているときは絶対に触ったりしてはいけません。ワンちゃんはお仕事中神経を使っています。刺激することをしてはいけません。

しかしおじいちゃんの目が不自由なことをいいことに

「おとなしいわね。」「かわいいわね。」と一斉に触りだす中年のオバサマたち。

悪気はないのでしょうが理解の無い方はまだまだ多いようです。

ワンちゃんの仕草でおじいちゃんは気が付いたのでしょう。

「お仕事中だからすみませんが犬には触らないでくださいね。」

その一言に「ちょっとくらいいいじゃない。」「ちょっとさわったくらいなのにね。」

心無い言葉がとびます。

おじいちゃんは乗ったとき私に教えてくれたところとは2つも手前の駅で降りようとし始めました。

「おじいちゃんは悪くありませんよ。知らない方にたまたま出会ってしまっただけです。降りようと思っておられるなら、最初の教えてくれた駅まで私と一緒に行きましょう。」と私は小声でおじいちゃんに話し、次にまわりに聞こえるようにわざと大きめな声で話しました。

「おじいちゃん、私介護士なんですよ。ちょうど今日介護の資格の修了書をとりに学校に行くんです。介護の学校でならったんですけれど盲導犬ってお仕事中は絶対触ったらいけないって教わったんです。いろんな神経を使ってお仕事をするから仕事の邪魔をしたらいけないって教わったんですよ。気を散らせてはいけないって聞いたんです。ワンちゃんも頑張っていますよね。」

私の話に心無い言葉を言っていたオバサマ達。小声で「そうなの?知らなかったわ。」

とボソボソ話しています。

「わしは、この子のおかげであちこち出歩けるようになったんだよ。なくてはならない存在で家族同然なんだよ。」

ラブラドルレトリバーの大型犬。上目使いでおじいちゃんを心配そうに見つめています。

そんな話をしているとおじいちゃんの降りる駅に到着しました。

「皆さん有難うございました。無事に着きました。」とおじいちゃん。

「誘導しましょうか?」の私の一言に「大丈夫だよ。ただ手を手すりに捕まらせてくれるかい?」

私はおじいちゃんの手を手すりに捕まらせてあげました。

乗ってきたときはおじいちゃんが転びそうになっていたのでわからなかったのですが地下鉄の車内はワンちゃんにとってはとても歩きにくいものなのですね。

ワンちゃんは一生懸命おじいちゃんを誘導しているのですが、床が滑るようで、足を何度も滑らせ、体制を崩しながらも地下鉄を降りていきました。地下鉄の車内は盲導犬にとってはとても仕事をしにくい環境のようです。

無事におじいちゃんとワンちゃんが降りたことにホッとし、私も学校へ向かいました。

 

車内で一斉に席を譲ろうとした温かい人たち、盲導犬の理解の無い心無いオバサマ達、盲導犬が仕事をしずらい環境。いろんな事を考えさせる一日でした。

もっと盲導犬のことを理解している人が増えるといいですね。

そして体の不自由な人と健常者が同じように暮らせる環境になればいいな、って思う出来事でした。

 

 

 

 

お読み頂き有難うございました。
これからもゆっくり、まったりではありますが頑張っていきたいと思います。
どうぞご協力よろしくお願いいたします。
下⇓のボタンをポコッとと押していただけるとテンションあがります。
元気の源になりますのでどうかご協力お願いいたします。
 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村

全般ランキング介護職員ランキング

高齢者介護ランキング

 

 

貴方の頭皮は臭っていませんか?

こんにちは。本日もお来しいただきありがとうございます。
介護士の仕事として入浴介助というものがあります。

この時利用者様の中でなぜかシャンプーをしっかりしているのに頭が臭う方がいます。

シャンプー直後なのにどうして?いつも疑問に感じるので頭皮が臭う原因を調べてみました。
貴方は大丈夫ですか?


・脂肪の過剰摂取

揚げ物や脂肪分が多い食事、またケーキなどの甘いクリーム系のスイーツをよく食べる人は注意が必要だそうです。その余分に摂ってしまった脂が、頭皮の皮脂腺から過剰に分泌され、それが酸化を招き、ニオイの原因となります。
食事の時間がバラバラな人も要注意です。特に食事を抜いてしまうと体が飢餓状態になり次に摂った食事で脂肪を必要以上に吸収しようとします。それは頭皮の過剰分泌につながりニオイの原因につながります。

そして頭皮によくない食品添加物も必要以上に吸収してさらにニオイの原因になることがあるようです。


・濡れたままの髪で寝てしまう

半乾きの洗濯物を放置すると部屋干しの嫌なニオイがするのは皆さんご存知のことと思います。同じように頭皮や髪が湿った状態だと雑菌が繁殖してしまいます。それは嫌なニオイの原因になります。注意が必要なのはニオイの原因だけではなく、ひどい場合は、頭皮や髪にカビが生えてしまうことに。こうなると強い痒み、発疹などがでて皮膚科の受診が必要になります。ローション、軟膏などが処方されますがなかなか治りづらいものになります。
また、濡れた髪の毛はキューティクルが開いていて、ダメージを受けやすい状態です。そのまま寝ると枕と髪が擦れて髪が傷む原因にもなります。傷んだ髪の毛は、タバコや食べ物のニオイを吸着しやすくなります。

・頭皮の汚れ

頭皮は体の中で、皮脂腺が一番多い所。洗髪時に皮脂汚れがきちんと落ちていないと、その皮脂が酸化して“過酸化脂質”というものになります。それは雑菌の大好物

雑菌が増えてニオイを出すようになってしまいます。
体は汗をかいていなくても、頭皮には皮脂や汗がたまっていることもあるので、しっかりと頭皮の汚れを洗い流すことが重要になります。

・洗いすぎによる乾燥

頭皮の汚れをしっかり落とすことは大切ですが、逆に洗いすぎにも要注意です。

必要な皮脂まで洗い流してしまうと頭皮が「皮脂が足りない」と過剰に分泌させてしまうのです。
また、爪を立ててガシガシ洗う人も要注意ですよ。特に年配の方は「この方が気持ちがいい。」とか「洗った感じがする。」といって好まれる方が多いのですが、頭皮が傷ついて炎症を起こしてしまうことがあります。傷ついた頭皮はその傷を治そうと過剰な細胞分裂を繰り返し、フケが大量に発生させてしまいます。フケに雑菌がついてしまうと嫌なニオイの発生につながります。頭皮を洗うときは指の腹で洗うことを心がけましょう。
洗髪前には髪の毛をよくブラッシングをしてホコリやゴミを軽く落とす。

洗髪時は、まずシャワーのお湯で髪の毛をほぐしながら整髪料を落とす。

その後、シャンプーを手で軽く泡立ててから使用し、しっかりとシャンプーを洗い流すと頭皮の乾燥を防ぐことができます。



いかがですか?私は入浴介助からの疑問から少し調べてみましたが意外と頭皮の臭いが気になることあるのではないでしょうか?

私も調べてみて臭う方は…。と考えてみるとドライヤーをかけない方だったり、甘いスイーツが大好きだったり。なんとなく納得できましたね。

もしご家族やお友達に気になる方がいれば、さりげなく教えてあげてもいいかもしれません。

もちろん「これ読んでみな。」なんて私のブログをご紹介して頂ければ更にうれしいですけど。(笑)

でも皆さんのご参考になれば幸いです。

 

 

お読み頂き有難うございました。
これからもゆっくり、まったりではありますが頑張っていきたいと思います。
どうぞご協力よろしくお願いいたします。
下⇓のボタンをポコッとと押していただけるとテンションあがります。
元気の源になりますのでどうかご協力お願いいたします。
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

皆仲良くしようよ。

こんにちは。本日もお越し頂き有難うございます。

私の勤めている施設はいろんな方が入居されています。

認知症の方、障害をお持ちの方、そして元気ですが高齢の方。

このいろんな状態の人たちが一つ屋根の下に集まるとトラブルが起こることが多々あります。

また人数も中途半端に多いのも原因でしょう。

今日のお話はそんな私の職場でのトラブルのお話です。

 

事の発端は数日前の事になります。

デイルームで皆で午前のコーヒータイムを楽しんでいました。

女性の入居者のテルさんがテレビのニュースを見ながら男性の入居者のジマさんに

「世の中おかしくなったね。殺人もあれば泥棒もある。最近なんかテロまでおきてるし。泥棒なんて日常茶飯事なんじゃないかい?」

「そうだね。物騒な世の中になったもんだね。」

そんな会話をしていました。どこにでもある世間話です。このただの世間話があらぬ方向にいってしまいます。

 

昼食時皆が着席し厨房さんの作った美味しい昼ご飯を食べているときに事件はおこりました。

男性入居者のカタさんがテルさんに向かって突然大声をあげました。

「おい!お前!俺がお前の何を盗んだんだ!!誰が泥棒だって!ふざけたことをいうんじゃない!!ベラベラと調子にのるのもいいかげんにしろ!」

あまりの剣幕に誰もがビックリし楽しそうに話しながら食べていた食堂が一気に険悪なムードになりました。

「いきなりなんだい。何の話のことだい?」とテルさん。

「お前さっきコーヒー飲みながらこっち向いて泥棒呼ばわりしたじゃないか!」

カタさんはどんどんヒートアップし、止まりません。身体も大きいカタさんは私のような小柄なものではもう抑えられない状況で見かねた施設長が間に入ります。

私たちは怯える入居者さんに寄り添い、安心させるように声掛けを行います。

施設長「カタさんどうしたの?そんなに大きな声をあげて。何があったの?落ち着いて話を聞かせてよ。」

カタさん「この女。俺をさっき泥棒呼ばわりしたんだ!俺が何を盗んだって言うのよ!」

施設長「カタさんは泥棒じゃないよ。そんなことみんなわかっている。だから落ち着いて。テルさんそんなこと言ったの?」

テルさん「世間一般の話はしたよ。ジマさんと世の中には人殺しもいれば泥棒もいるって話をしてたよ。」

施設長「カタさん、世間一般の話をしていただけなんじゃないかい?カタさんの話ではないんだよ。だから落ち着いて。」

カタさん「この女あきらかに俺のほうを見ていいやがった!!俺は絶対許さない!」

テーブルをドンドン叩きながらカタさんの怒りは収まりません。

「なんなのよ。食欲がなくなったから部屋に戻るわ。」テルさんは部屋に戻っていきました。

施設長はテルさんとカタさんのお部屋にいき話を聞いてその時はなんとか収めたようです。

それからテルさんは食事のときはカタさんが食べ終わってから食堂に来り、欠食したりしてカタさんと鉢合わせにならないようにしていました。

 

そんな状態が数日続いた私の夜勤の日夜中の2時にナースコールでテルさんに呼ばれました。

「こんばんは。どうされましたか?」

「ちょっと眠れないんだ!話を聞いておくれ!」と話しだしました。

「私はカタさんにたばことかいろいろ買ってやっているんだ!後から金払うっていいながらぜんぜん金なんか払わない!それは泥棒って言わないのかい!」

どうも先日カタさんに怒鳴られたことがまだ腹が立ってしょうがないらしいのです。

私「ちょっとまって。お金を払わないのは確かに悪いですけどどうしてカタさんの買い物をテルさんがしているの?それはいけないでしょう。自分の買い物を自分でしているのなら問題ないけれど。どうして頼まれたときに職員に話してくれなかったのですか?」

「どうせ買い物を行くついでだからと思ったのさ。どれだけ買ってやってるかわからないんだから。だからあの時わざとみんなの前で言ってやったのさ。いちおう向こうもわかったみたいだね。」

「テルさんわざと言ってたんですか?皆の前でそれはいけないでしょう。確かにお金を払わないのは悪いですけど、テルさんも何度もどうしてわかっていながら買い物をしたんですか。お金の貸し借り、物の貸し借り、物の交換、物をあげる行為は禁止されているでしょう。ご存知ですよね。いろいろな病気をお持ちの人がいるんです。好意でしてあげたことが相手の命取りになることもあるんです。絶対にやめてください。」

少し強めの口調でお話をします。本当に命が危険になることがあるからです。

「でも皆の前で自分のしていることは棚にあげてあんな言われ方私は許さない!!絶対皆の前で謝らせてやる!」とテルさん。(自分も皆の前で故意に相手のことをいったんじゃなかったかしら?)と思ったことは口に出さず、

「もう今夜は遅いのでまずは寝ましょう。身体を休めるのも大事です」と夜中の一時間ほどテルさんの話を聞いて退室しました。

 

次の日の朝、喫煙ルームで大きな声が聞こえます。

「何事ですか?」私が入っていくとカタさん、テルさん、ジマさんがいます。

テルさん「こないだ私に言ったことを謝ってもらおうと思ってこの人に言ったんだよ!」とカタさんを指さします。

カタさん「俺は何も言っていない!ジマさんがテルさんのことを悪くいっているんだ!」

ジマさん「おいらそんなこと言わないよ。おいら口が軽いから前に失敗しているから入居者のことは人にはいわないよ。おいらがいうときは必ず職員さん相手って決めてるもん。職員さんならあと腐れないでしょ、って前に言われてるから守っているよ。」

 

ここで大きな問題がでてきたのです。テルさん、ジマさんは頭はクリアーです。しかしカタさんは初期の認知症を患っています。昔のことはよく覚えていますが直近の事は忘れてしまいます。そうなんです。先日大声をあげたことをカタさんは忘れてしまっているのです。同じようにカタさんはテルさんに買い物を頼んでいたのでしょう。でも後で払うといったものの、買い物を頼んだこと事態忘れている可能性が大なのです。しかし会話も成立しますし、普段の生活ではパッとみではわかりません。

個人情報なのでカタさんが認知症とも言えません。またカタさんは認知症の症状の一つ「とりつくろい」がでてきて話はどんどんこじれていきます。

ちょうど早番で主任が出社してきて応援を頼みました。さすが主任です。皆の話を聞いて自分の方にうまく話しを持っていき

1.お金の貸し借りをしないこと

2.買い物は自分で行くか、職員に頼むこと

3.物の貸し借りを入居者同士でしないこと

4.食べ物の受け渡しを入居者同士でしないこと

など皆を納得させて円く収めました。

勉強になりました。

テルさんジマさんは自分の言いたいことを言えたのでスッキリしたもよう。

少々カタさんは不満げではありましたがそれでも納得されました。

 

認知症の症状がおこしたトラブルのひとつと言えるでしょう。皆が理解をしていないと

大きな問題になってしまいます。対応の難しさを感じさせられた一件でした。

私ももっと勉強しなければならないと改めて思い知らされました。

 

 

 

 

お読み頂き有難うございました。
これからもゆっくり、まったりではありますが頑張っていきたいと思います。
どうぞご協力よろしくお願いいたします。
下⇓のボタンをポコッとと押していただけるとテンションあがります。
元気の源になりますのでどうかご協力お願いいたします。
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

はじめの一歩?

こんにちは。本日もお立ちより有難うございます。

少しお時間が空いてしまいました。

実は今まで介護の学校へ通っておりまして介護士の資格の最初の一歩「介護職員初任者研修」の資格取得を目指しておりました。

この「介護職員初任者研修」は旧制度のホームヘルパー2級とホームヘルパー1級の内容を取り入れられたものとなります。ホームヘルパー2級と同じとみられがちですが内容はかなり違い、「介護職員初任者研修」の方が難しくなっています。

これは国のこれからの高齢化社会に対応するため、介護職員の質の向上を目的とし改正されたものです。

同じようにホームヘルパー1級が「介護職員実務者研修」に変更になり「介護職員実務者研修」はホームヘルパー1級と介護福祉士の内容が入ったものになります。

この「介護職員実務者研修」を終了しないと介護福祉士(国家資格)は受験できません。

また「介護職員初任者研修」と「介護職員実務者研修」は地方自治体の資格となります。私はこの「介護職員初任者研修」の資格を取ろうとしていたわけです。

そして最初の資格の試験があり少しブログをお休みしておりました。

いや~難しかった。年齢もあるのですかね。若い頃より覚えられない。頭に入らない。

やる気もなかなか出ない。参りました。

最後の授業の日にクラスのメンバーと「振り返りしてくれるよね。」なんて話しておりました。甘かったです。振り返りはほぼなく…。まさかのグループワークをさせられてクラスのメンバーが蒼白状態になりました。

私のクラスはみんな現役で介護施設で働いており、実務は普段から実践しているクラス。要は座学のほうが皆苦戦しているクラスですね。なので「振り返り」にかけているメンバーばかりでした。ところがグループワーク…。もちろんグループワークは試験範囲ではあったのですが「終わった…」と誰もが思ったのです。

そして試験へ。五択と〇✖問題60問。本当に難しかった。ひっかけ問題多数。

本当に迷ったとき5色ボールペンを転がして決めてしまいました。

1時間の苦闘の時間を終え発表を待つのみに。

また合格発表も不合格の人には試験後2日間の間で電話連絡とのこと。

蛇の生殺し状態ですね。「早く教えてくれ~」ですよね。

問題回収されてしまったので復習できませんでしたが、覚えている問題は過去に介護福祉士(国家資格)で出ていた問題だったり…。

試験後2日目で連絡待てず事務局に電話で確認とりました。

「大丈夫ですよ。合格ですよ。最後の修了式お待ちしております。」

「ありがとうございます。ちなみにとれた点数教えてもらえますか?」

「60点以上で合格で80点以上とれてますよ。」

5色ボールペン恐るべし!運も味方してくれたのか合格できました。

ホッとしました。数人不合格で再試験の方もいるようでした。

翌日職場に連絡しました。この学校の費用は職場が負担してくれていたので報告が必要になります。

「よかったね。不合格なら始末書だったよ。」

「えっ!!そういうことは先に言ってくださいよぉ~( ゚Д゚)」

「おめでとう!次はこれね。」にこやかにうちの管理者、実務者研修の応募用紙を出してきました。

受けますよ!受ければいいんですよね(T_T)

また勉強がはじまりそうです。一難さってまた一難?

今年は勉強の一年になりそうです。とりあえずやれるところまでやってみますか。

 

そんなこんなでまずは介護職員から介護士の仲間入りになれました。

まだまだ未熟者ですがもう少しこの世界でがんばります。

 

 

 

 

お読み頂き有難うございました。
これからもゆっくり、まったりではありますが頑張っていきたいと思います。
どうぞご協力よろしくお願いいたします。
下⇓のボタンをポコッとと押していただけるとテンションあがります。
元気の源になりますのでどうかご協力お願いいたします。
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村