読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

泣いて笑ってドタバタ介護奮闘記!

介護職員石ころのシッポが職場の利用者様とのほのぼのエピソードや振り回されっぷりをお話しています。また介護で役立つ情報や健康、美容情報などもご紹介していきたいと思います。ゆっくり、まったり更新していきますのでよろしくお願いいたします。

良き介護士になれるようがんばります。

本日も遊びに来ていただき有難うございます。

私が介護の仕事について介護ということを大きく学んだ利用者様が3名おられます。

どなたも今は私が勤めている施設を離れてしまったのですがそれでもこの3名の利用者様は私の中では介護士として大きく育ててくださったと思います。
今日は私が勤めている施設で暮らしていた「まつさん」のお話をしてみたいと思います。

まつさんには大変お世話になりました。
私が何も知らない状態で介護の世界に飛び込んでもそれなりにこの仕事ができるようになったのはまつさんのおかげです。
まつさんはいつもニコニコ笑顔の素敵なおじいちゃんでした。

若かりし頃、戦艦大和に乗っていた経験もお持ちです。(まさかテレビでよく見たり聞いたりする戦艦大和に本当に乗っていた方が身近にいたのに驚いたものです。)

車いすの生活で自力では立つことができませんでした。
それでも調子のいい時は「コンチキショウ!進め!」といいながら車いすを一生懸命自分で動かす努力家でもありました。
亡くなった奥さまが大好きでよく私にまつさんの若かりし頃のアルバムを見せてくれました。

まつさんは頭はとてもクリアでよくまわりのことを見て気を使ってくださるおじいちゃんでした。

私が初めてまつさんに会ったとき「初めてなんだから失敗は当たり前。わしも若いころ人を教育していたからよくわかる。ベットから車いすへ移るのやら、お風呂なんかわからなくて当然なんだ。わかるか?怖がっちゃいかん。わしが練習台になってやるからいつでも声をかけなさい。」
有難かったです。ことあることに「まつさ~ん」とかなり練習台になってもらいました。
ここを抑えると痛い、とかここなら楽だ、細かく教えてもらいました。
「おまえさんは車いすとベットへの乗り降りや風呂やオムツ替えは大丈夫じゃがちょっと着替えがへたっぴじゃね。」よく笑ってました。そうなんです。よく前後ろ逆に着せてやり直したり、ねじれていたり…。
まつさんを苦笑いさせることが多々ありました。

まつさんは私が夜勤のときは「そこにお菓子あるから持って行って食べれ。」といつも差し入れしてくれ、日中いなかった私に一日の出来事まで説明してくれました。(職員の引継ぎより詳しかったです)

そんなまつさんは少しづつゆっくりと弱っていきました。
声がかすれて聞き取れなくなり、食事もどんどん取れなくなり、ふっくらとしたお腹がぺちゃんこになってしまいました。もちろん入院してきちんと治療はしてもらいました。
でも今まで着ていた洋服が全て大きくなり「お前さんの着替えが楽になったようじゃ」と笑っていました。

ある日まつさんの入浴の担当が私でした。
「まつさん今日私が入浴担当です。明日奥さまのお墓参りですよね。いつもよりちょっとカッコいい洋服着ましょうね。」
まつさんの大好きな奥さまのお墓参り。いつもより気持ち入念に綺麗にしてあげました。
また私の苦手な着替えも我ながら上手くでき「まつさんお墓参り、心おきなくお参りしてきてくださいね。」とお互い笑顔でサービスを終えました。

その後ケアマネージャーに
「まつさんの着替え二人でしたの?」と聞かれ
「いえ、一人でしましたよ。何かやってしまってました?」と聞き返すと
「今、用事あってまつさんの所行って来たけどあんなに綺麗に着替え出来てるの初めて見たから。まつさん幸せだね。」と言ってもらえました。
嬉しかったです。これもまつさんのお蔭です。

そんな出来事があった次の日私は休みで家におりました。
夕食を食べて一息ついたころ私の携帯がなりました。職場からの電話です。
「まつさんが救急搬送されたから、すぐに職場に来て」
私は職場から一番近くに住んでいる職員だったので呼び出しがかかったのです。

職場に着くとまつさんは既に病院に運ばれ、施設長が「遅番がまつさんと一緒に病院に行ったよ。僕も病院に行くから悪いけど夜勤者くるまで遅番業務引き継いでやってもらえるかな?」
「わかりました。連絡お待ちします。」
その言葉を聞くなり施設長は病院に向かいました。

まつさんはお墓参りに行って帰ってきた後、おやつに出た大好きなお饅頭をニコニコしながらほおばったそうです。
そのあとおなかいっぱいだからと夕食をキャンセルされ、遅番が夕食後薬をお部屋にお持ちしたところ反応がなくなっていたそうです。

まつさんは戻ってきませんでした。
まつさんは奥さまの命日に旅立たれました。
まつさんには本当に感謝しています。
最後にもう一度お会いしたかった。
そして「有難うございました。」と一言お礼が言いたかったです。

まつさん。私頑張って着替えの上手な介護士になります。
見守っていてくださいね。

 

 

お読み頂き有難うございました。
これからもゆっくり、まったりではありますが頑張っていきたいと思います。
下のボタンをポチっとしていただけるとテンションあがります。
元気の源になりますのでどうかご協力お願いいたします。
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

自分の最後を考えたことありますか?

こんにちは。本日も遊びにきて頂き有り難うございます。

昨日は介護の学校の日でした。
昨日学習したことは「死にゆく人への介護」なかなか重い内容でした。

病気が治る可能性がなく数週間から半年程度で死を迎えると予想される時期を終末期というそうです。

人の死が迫ってきた時その人にはいろいろな徴候がでてくるそうです。

・呼吸は不規則な間隔になり、深さが乱れてくる。ゼーゼーと音がしたり下顎を動かして呼吸するようになる。

・体温は低下し手足が冷たくなる。(脱水により発熱する場合もある)

・脈はリズムが乱れ、弱くなり手首の所で触れにくくなる。

・血圧は下降し徐々に計れなくなる。

・意識は低下し眠る時間が長くなる。

・呼吸が浅くなることから酸素欠乏になり、チアノーゼがでる。(唇、爪)

このような終末期を迎えた利用者様とどのように向き合い介護にたずさわるか。難しい内容でした。

死を宣告されたとき、人はそれを受け入れるまでにさまざまな心の変化をたどるそうです。

「何かの間違いだ」と事実を否定し、周囲から距離をおく否認と孤立の段階

「なぜ私が死ななければならないの!」と事実を自覚できたときにおこる怒りの段階

「神様、仏様、病気が治れば何でも言うことを聞きます。」という取引の段階

取り引きが無駄だと自覚しうつ状態になる抑うつ段階

そして「死は自然なこと」と認識が達した受容段階

この5つの段階をいったり来たりしながらココロは受容へとむかうそうです。

この複雑な心の変化を迎えている間はご家族もいろいろな葛藤があることでしょう。ただしその間に私達介護士とご家族は大事なことをご本人とよく話し合わなければならないということでした。
それは「どこで」「誰と」「どのように」死を迎えたいかということ。
例えば救急蘇生をするのか、人工呼吸器や除細動器を使用するのか、臓器提供はどうするのか…。
などこれらのご本人の意思をご家族とともに共有する事が必要になってくるそうです。
そしてこれらは書面として残しておくことが理想ということでした。

私達介護士は死を目の前にしている利用者様と御家族がいかに後悔なく、その人らしく死を迎えることができるか、それをサポートしなければならない重要な立場になるということ。
それを学んできました。

私にそれができるのだろうか?
考えさせられる内容ではありましたが心と体がどのように変化していくのかを知ることができてよかった。そう思った時間でした。

 

 

お読み頂き有難うございました。
これからもゆっくり、まったりではありますが頑張っていきたいと思います。
どうぞご協力よろしくお願いいたします。
下⇓のボタンをポコッとと押していただけるとテンションあがります。
元気の源になりますのでどうかご協力お願いいたします。
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

沢山ある介護施設。どのようなものかご存知ですか?

 

本日のお話です。世の中には沢山の介護施設があります。
皆さんはそれを理解できていますか?
私はこの仕事につくまではひとくくりに{老人ホーム}と思っていました。
でもいろいろと違いがあるのです。
 あなたがこれからお世話になる施設、あなたの親がお世話になる施設。あなたの知り合いがお世話になっている施設。
それがどういうものか知っていて損はしないと思います。
その違いをちょっとお勉強してみませんか?

 

1.介護老人福祉施設特別養護老人ホーム、通称 特養)

 常時介護が必要で家での生活が難しい方に日常生活の場を提供する施設です。原則として要介護3以上の人が入所できます。特養は入所の費用(家賃)が所得によって変わるというメリットがあります。

 

2.介護老人保健施設(通称 老健

  入院治療の必要のない要介護者を対象に、介護、看護、リハビリなどを行う施設です。医療施設、福祉施設、在宅のちょうど中間に位置づけされている施設となります。
要介護1から要介護5までの65歳以上の人また、特定疾病により要介護状態になった40歳から64歳までの人が対象になっています。

 

3.介護療養型医療施設 (病院)
  慢性疾患をもっており、長期療養が必要となる介護者を対象にした医療施設です。
医学的な管理や看護などを行い、介護者10人に対して1人の看護師が付いています。
しかしこの医療施設は平成30年3月末までのサービスになります。

上記のものが主に大きな施設型としてあげられます。
しかし最近の国の方針で介護は介護される人が住み慣れた環境で行われるべき、という考え方をもとに少し規模を小さくしての施設が増えてきました。


4.認知症対応型共同生活介護グループホーム
  要支援2から要介護5と認定された認知症の高齢者が原則として入所されています。共同生活が可能な人が入居の対象となっています。
1つの共同生活住居の定員が5から9人までとなり、個室が原則です。
居間、食道、台所、浴室、の共有スペースがあることが条件になっています。

 

5.小規模多機能型(通称 小規模多機能、小多機)
  サービス付き高齢者住宅を併設している施設が多く主に通い、訪問、泊りというサービスを組み合わせています。
また併設している高齢者住宅に住んでいなくても自宅に住みながらサービスを受けることができるというメリットもあります。定員は29名。

訪問…食事、排せつ、服薬、安否確認、洗濯、掃除、買い物など必要なサービスを必要最短時間訪問して的確に行うサービス。

通い…施設に通ってくるもしくは送迎されて施設に来所され入浴など必要なサービスを受ける。

泊り…家族の急な用事、冠婚葬祭、休息、入院など自宅での介護が困難になったとき一時的に施設に宿泊してサービスの提供を行う。

小規模多機能は通い、訪問、泊りのサービスを組み合わせ24時間365日切れ目のないサービスを顔なじみのスタッフにより提供を行うことができるようになっています。

国の方針ではこの小規模多機能型をこれから更に増やしていこうとしているようですね。
ちなみに私、石ころのシッポもこの小規模多機能に勤めております。

上記にあげた5つの施設サービスは介護保険内のサービスで受けることができます。
あなたがもしご家族、知り合い、ご自分で介護施設を必要となったとき、まずはしっかり施設の見学、スタッフの動きを見ることが必要です。1度の見学で決めるのはこの世界で働いているものとしてはお勧めしませんね。
介護が必要な方にとって一番自分らしく生活できることを重要視してほしいと思います。
あっ!それでも集団生活になりますから、それなりのルールは必ずありますのでそこはちゃんとしてほしいですね。

この記事がこれから施設を選んでいく方の参考になっていただければうれしいです。


お読み頂き有難うございました。
これからもゆっくり、まったりではありますが頑張っていきたいと思います。
どうぞご協力よろしくお願いいたします。
下のボタンをポコッと押していただけるとテンションあがります。
元気の源になりますのでどうかご協力お願いいたします。
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

こんにちは。よろしくお願いいたします。

こんにちは。ブログを開設することになりました。

どうぞよろしくお願いいたします。

とりあえずは自己紹介からはじめましょうか。

私は介護士をやっております。そうですね。まる2年になります。

個性豊かなおじいちゃん、おばあちゃんと毎日楽しく闘っております。

資格はまだありません。でも働きながら学校に通い勉強中です。

後々資格を取る予定ではあります。

年齢もそこそこいっておりますので久々の学校通いについていくのがやっとといったところです。

あと1か月後に試験があるので家で少しでもと勉強するつもりで教科書を開くのですが…。見事に即寝してしまいます。1ページもめくれていないときが…。

大丈夫なのか?私。

この資格は都道府県での資格になりまだまだ最初の一歩。目指すは国家資格なのですが…。先は長いです。

学校に通い勉強することが若いときにやるということ。理にかなっていると痛感する日々です。


このブログではこの学校で習って役に立つお話や、日ごろの介護の現場で起こった出来事やお役立ち情報、また健康情報や美容情報などを発信していく予定です。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

お読み頂き有難うございました。
これからもゆっくり、まったりではありますが頑張っていきたいと思います。
どうぞご協力よろしくお願いいたします。
下のボタンをポチっとしていただけるとテンションあがります。
元気の源になりますのでどうかご協力お願いいたします。
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村