泣いて笑ってドタバタ介護奮闘記!

介護職員石ころのシッポが職場の利用者様とのほのぼのエピソードや振り回されっぷりをお話しています。また介護で役立つ情報や健康、美容情報などもご紹介していきたいと思います。ゆっくり、まったり更新していきますのでよろしくお願いいたします。

習慣?ってこわい!!

こんにちは。本日もお立ち寄り有難うございます。

日本は広いですね。西の方では梅の便りが聞こえてきています。

温かいのでしょう。私の住んでいる北国ではまだまだ雪景色が広がっています。

道路は凍っていてツルツル。まだ春は先のようですね。

 

先日そのツルツル路面で、ちょっとした出来事がありました。

通勤のためバスをおり、降りた先の横断歩道で信号待ちをしておりました。

横断歩道は北国の冬ではとても危険な場所になります。

車のタイヤで道路上の雪が磨き上げられピッカピカ。

スケートリンクのようになっているのです。

横断歩道を渡るときはとても神経を使います。

その日横断歩道で信号待ちをしていたのは私と若い今どきの若いお姉さん。そして年配のおばあちゃん。

信号が変わり若い女性は颯爽と渡りだしました。

私は隣のおばあちゃんがなんか危なっかしい歩き方をしていたので気にしながら少しゆっくり渡りだしました。おばあちゃんがよろけたらすぐに手を出せる位置にいたのです。

何でしょう。仕事柄でしょうか。転倒しそうな人の横に自然と入れる自分がいましたね。(笑)

そんな時「ドスン!!」横断歩道中央で先に颯爽と歩いていたお姉さんが滑って転んでしまいました。

高いヒールのブーツを履いていてスマホを見ながら歩いていたので、内心(危ないな)とは思っていたのですが案の定転んでしまったのです。

「大丈夫かな?」こんな時、私もそうですが、恥ずかしさもあるので何事もなかったように周りの人にはスルーしてもらうのが転んだ者にとっては助かります。そこで少し様子をみていました。

『ん?立ち上がらない。おかしい!!』女性は道路の真ん中でうずくまったまま全く動かないのです。

私はすぐに女性の所に駆け寄りました。眉間にしわをよせて右手を抑えています。

「大丈夫ですか?」声をかけます。

「右手がすごく痛くて…。」

そこは道路の真ん中。信号は点滅し始めました。

「ここにいては危ないので、道路を渡りましょうか。立てますか?」

「なんとか…。足は痛くないので。」

そうは言っているものの手が使えないのでバランスがとれないのでしょう。

全然立ち上がれません。

「手を貸しますね。いいですか?」

声をかけ了承をいただいたので私は女性の体に手をまわして

ヒョイっと立たせました。

(わぁ。軽い!!施設の人もこれくらい軽いと楽でいいな…)

なんて内心思いながら道路の端まで渡りました。

「大丈夫?」の私の問いに

「右手の肘がすごく痛くて…。」と女性。

「そこは神経が集中しているところだからね。私も昔貧血で倒れておなじ所強打して病院行ったことがあるの。そしてしばらく腕を吊ることになったのよ。あまり痛みがひかなければ病院行った方がいいですよ。」

「わかりました。もう少し様子見て痛みがひかなければ病院行ってみます。」

そういい女性はとりあえず「遅刻するので。」と職場に向かいました。

 

さて私も職場へ行こうかと振り向いたとき私といっしょに信号待ちをしていたおばあちゃんが私の後ろで目を丸くし、口をポカーンと開けて私を見ています。

不思議に思って「どうかしましたか?」って思わず聞いてしまうと

「あなたそんなに小っちゃくて細いのにすっごく力持ちなのね!!あんなに女の子軽々持っていてビックリしたわ!!だってあの子貴方よりずっと大きいじゃない!本当に目を疑ったわ!」

どうやら私が若い女性を介助した姿が怪力女に見えたらしいのです。

「私の仕事介護士なんですよ。いつももっと大きなおじいちゃんとか介助しているので慣れているんですよ。それに彼女は細いし軽かったので。力を入れなくても大丈夫な方法もあるんですよ。」そう教えてあげると

「あぁ、よかった。私本当にびっくりしたのよ。とんでもない女の人見てしまった。って思ったの。介護士さんってすごいのね。あんなに軽々と人を持ち上げるなんて。」

よほどビックリされたのですね。口をあんぐり…。とか目が飛び出る…。という表情ってあのおばあちゃんのような表情なのかもしれません。

ちなみに私は怪力女ではないですよ。どちらかといえば力はないほうです。

「あなたどこの介護施設にいるの?教えて?」と聞かれ教えてあげると

「あなたのような介護士さんいれば心配なさそうね。参考にさせてもらうわ。」

と言っていただけました。

「それにしてもあの子貴方にお礼も言わないで行くなんて、とんでもない子ね!!」

そういえば…。有難うの一言もなかったっけ。

おばあちゃん、私の代わりに憤慨しておりました。

「きっと急いでいたのでしょうね。」おばあちゃんをなだめて私も仕事があるのでとお断りし笑顔で別れました。

 

しかしおばあちゃんのあのビックリした表情。

本当に驚いたんだろうな…。

そしてやっぱり私は怪力女と思われているのだろうな…。

そんなふうに思いながら1日思い出し笑いをする私でした。

 

 

 

お読み頂き有難うございました。
これからもゆっくり、まったりではありますが頑張っていきたいと思います。
どうぞご協力よろしくお願いいたします。
下⇓のボタンをポコッとと押していただけるとテンションあがります。
元気の源になりますのでどうかご協力お願いいたします。
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村