泣いて笑ってドタバタ介護奮闘記!

介護職員石ころのシッポが職場の利用者様とのほのぼのエピソードや振り回されっぷりをお話しています。また介護で役立つ情報や健康、美容情報などもご紹介していきたいと思います。ゆっくり、まったり更新していきますのでよろしくお願いいたします。

貴方の物忘れは危険な物忘れではありませんか?

こんにちは。本日も遊びに来ていただき有難うございます。

本日は物忘れのお話です。人は物忘れをします。
何をするか忘れて前のところに戻ったり(^^;)そんなことしょっちゅうあります。


物忘れを調べていたら意外なことを知りました。今日はそのお話です。

 

物忘れには危険な物忘れがあります。
物を忘れていること事態を忘れている→例えばご飯を食べているのに食べていないとご飯の催促をする、といった症状。これは痴ほう症の可能性があります。このような症状は本人はそのことを全くわかりませんので、家族や周りの人達の注意が必要です。出来るだけ早く病院の受診をお勧めします。薬によっては痴ほう症の進行を遅らせるものなどもあります。痴ほう症でも薬により完治はしないものの、進行を遅らせることにより十分に日常生活を送っている方は沢山おられます。


そしてもう一つ 物を忘れていること事態は覚えているのですがこの物忘れと並行して息切れ、めまい、失神の症状があることです。

このような症状があるようでしたらまず脈を測ってみてください。


脈の測り方
・安静にした状態で利き手とは逆の手を上にむける
・人差し指の延長線上と手首が交わるところをさがす
・探した点を利き手の人差し指、中指、薬指、の3本で脈の感じるところを探る。
  少し強めに押しながら探るをわかりやすいと思います。
  少し前には親指で測っていることもありましたが、親指は指の中で一番鈍感という説もあるので、3本の指のほうが正確に測れると思います。
・脈がふれるところがわかったら1分間静かに脈の回数を数えます。

脈は正確なリズムを刻んでいますか?脈とびはありませんか?
3秒以上の脈とびがあったり、脈が1分間で40回以下であると問題があるかもしれません。
(スポーツ選手で日ごろから体を鍛えあげているかたはあてはまらないことがあります。)
この脈とびは脈とびの回数が危険というよりは脈と脈の間の時間や脈全体の回数が物忘れの原因になることがあるようです。
この危険な脈とびは心臓の機能の低下によるもので脈とびにより脳や全身の血流量の低下をおこします。
この血流量の低下により物忘れ、息切れ、めまい、失神の症状があらわれるのです。
血流の低下が原因なので身体の冷え、全身の疲れを感じる方もいるかもしれません。

もし思い当たることがあるようでしたら、セルフチェックをしてみて専門の(循環器)の病院へ行かれることをお勧めします。
病院に行って大丈夫であればそれでよし!もし病気が発見されれば少しでも早く治療にかかれますよね。
気になる方は試してみてください。

 

 

お読み頂き有難うございました。
これからもゆっくり、まったりではありますが頑張っていきたいと思います。
どうぞご協力よろしくお願いいたします。
下⇓のボタンをポコッとと押していただけるとテンションあがります。
元気の源になりますのでどうかご協力お願いいたします。
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村